ちゃんとしてる?家の防災対策

ちゃんとしてる?家の防災対策

大切な家族の帰る場所である自宅ですが、実は日頃のちょっとした防災対策の積み重ねで、格段にその安全性をアップすることができるのをご存知でしょうか。天災でも人災でも、予期せぬ時に突然訪れるのが災害というものであり、起きてしまってから準備しても遅すぎるのです。日頃から災害時のあらゆる事態に備えて、しっかり防災対策をしておくことが重要です。

 

それでは家の災害として頻度が高いものですが、ひとつめは地震です。近年、わが国は地震による歴史的被害にみまわれたばかりですが、地理的に見ても頻繁に地震が起こりやすいエリアであることは確かです。

 

そこで突然の地震に備えた防災対策として徹底しておきたいのが、テレビやタンスなどの大型家電・家具を初めとした全ての家具類に、横ずれや転倒落下防止対策を行うことです。引き出しや棚には飛び出し防止の器具を取り付けるなどして中身の飛散を防ぐとともに、窓ガラスや食器棚など割れ物やガラス類の周辺にはガラス飛散防止用のフィルムを貼ることも有効な手段です。また、棚の上や天井近くなど高いところに重い物をおくことをせず、照明器具などはしっかりと天井に固定して落下を防止しておきます。特に気をつけたいのが寝室や子供部屋で、リラックスして長時間過ごす場所には特に、地震のときに落下したり戸口を防ぐ危険性のある物を置かないように注意します。

 

続いて家の災害としてふたつめに多いものが、火災です。火災は、ちょっとした油断が引き金となって起こる場合がほとんどで、普段からの生活習慣の見直しが重要なポイントとなってきます。

 

そこで火災を起こさないための防災対策ですが、まずは洗濯物や雑誌類など、燃えやすいものを暖房器具近くをはじめとした発火の可能性のある場所近くに置かないことを徹底します。寝タバコのような危険な習慣は排除し、コンセントの周りや電化製品の周りにはホコリがたまらないようこまめに掃除をすることも重要です。また、放火や歩きタバコによる火の粉飛散事故を防止するためにも、家の周囲や玄関先に新聞紙や可燃ごみを置くことは控えます。そして、万一火災が起きてしまった場合にいち早く危険を察知できるよう、家の定められた場所には火災報知機を設置します。消火器がある場合には災害時にすぐに取り出せるところに設置するようにして、いざという時すぐに使用できるように使用方法は事前に確認しておきます。

 

家の防災対策は、家具の固定や火災報知機の設置など物理的な対策がもちろん重要ですが、日頃からそれらを正しく利用できる心の準備や冷静沈着に行動することもとても重要です。

 

おすすめサイト

企業出版に関わるスタッフ数は業界最大
幻冬舎メディアコンサルティングは、企業の一部門や一チームが担当する1サービスではなく、主要事業として企業出版を展開しています。

 

無垢フローリングを選ぶ
選らんでほしいフローリングはこれ

 

作業着は様々なタイプを通販できる
定番モデルからイマドキの作業着まで

 

http://www.inaka-chintai.com/
田舎暮らしでのポイントも知っておこう